愛知宅建業免許.com

愛知県の宅建業免許(宅地建物取引業免許)のことなら愛知宅建業免許.comにお任せください。宅建業を営む上で必須の宅建業法について詳しく解説しています。これから宅建業を始めようという方やすでに宅建業を営んでいる方に役立つ情報をお届けしています!

「宅建業法の知識」の記事一覧

試験を受ける前に確認しておこう!宅地建物取引士の欠格要件

以前このサイトでは、宅建士になるための3ステップと称して、宅建士になるために必要な手順について解説しました。 その3ステップというのは、 1.宅建士試験に合格する 2.都道府県知事の登録を受ける 3.都道府県知事から宅建 […]

宅建業法から読み解く宅地建物取引士に求められる3つのポイント

以前このサイトでは、宅地建物取引士(宅建士)がどのような経緯ではじまったのかという宅建士の沿革について解説しました。 この沿革から宅建士の存在意義を考察すると、「業界から悪徳業者を排除し、不動産取引のプロフェッショナルと […]

絶対にやってはいけない宅建業の名義貸し|名義貸しの定義・罰則とは?

以前このサイトでは、宅建業の無免許営業について解説しました。 その記事を読んでいただけば、無免許営業がいかにやってはいけいない行為であるかを理解していただけると思うのですが、それと匹敵するくらいやってはいけないのが宅建業 […]

絶対にやってはいけない宅建業の無免許営業|無免許営業の定義・罰則とは?

宅建業免許に似ている営業許可の1つとして、建設業許可というのがあります。 建設業許可は、請負金額500万円(場合によって1,500万円)以上の工事を請け負う場合に必要となるのに対し、宅建業免許は報酬額に関わらず営業するす […]

廃業が義務ってどういうこと!?宅建業の廃業届が必要な場合と届出者

宅建業者が宅建業を廃業する場合、免許権者(免許の交付を受けている知事または大臣)に対して廃業の届出をし、免許証を返却しなければなりません。 廃業というと、自己都合や経済的事情によって主体的に行うものだと考えがちですが、実 […]

宅建業法を理解しよう!宅建業免許の「免許証」について詳しく解説します!

宅建業の免許制度は建設業の許可とは違い、免許を受けないと営業すらできない仕組みをとっています。 したがって宅建業者は、たとえ個人事業であっても、手数料がいくら少なくても免許を受けることが必須になるわけです。ですから、宅建 […]

該当したら大変!宅建業の欠格事由|その内容を詳しく解説します!

宅建業免許は申請すれば必ず受けられるものではありません。宅建業法には欠格事由がいくつか定められていて、これに1つでも該当すると免許を受けることができません。欠格事由とは、免許を受けられない要件のことです。 宅建業法5条  […]

宅建業法の「役員」「政令で定める使用人」とは誰のこと?

宅建業の手続きでは、頻繁に「役員」や「政令で定める使用人」の氏名などを記入する場面があるのですが、あなたは宅建業法においてこれらのが何を意味する役職なのかをきちんと理解しているでしょうか? 「役員」は取締役のことでしょ? […]